一部ブラウザでは正常に表示されない可能性があります
和食中心

南町保育会の食事

食育・行事食育

『食育』とは、子どもたちが自分で自分の健康を守り、健全で豊かな食生活を送るための能力(食の自己管理能力)を育てるのであり、言葉だけでなく、経験を通して学ぶことが大切です。

食育は教育・保育の柱
私たちの身体は、私たちの食べたもので出来上がっています。『食べる』ことは心と体を育て健康に生きるために大切なことです。
今、氾濫しているいろいろな食材の中から、どんな食べ物を、どのように組み合わせて、どのくらい食べたらよいかを理解し、いきいきと自分らしく生活や学習できるように、体に良い食べ物を選ぶ力、味わう力、料理する力などを育て、身につけます。

また、食事のうつくしい振る舞いを身につけるため、スプーンの持ち方・箸の持ち方・配膳の仕方を理解しながら進めていきます。

子どもたちの食事は、毎日の食生活の中での体験の積み重ねです。保育園の畑では、ボランティアの方と一緒に野菜作りを行い、「春」は種まき、苗植えや田植え、「夏」は枝豆、トマト、きゅうり、なす、とうもろこし、スイカ、南瓜、じゃが芋、「秋」はさつま芋、小松菜、長ねぎ、大根、白菜などを収穫し、採りたての旬の野菜を食べ、季節も一緒に堪能しています。
東京の保育園では、プランター栽培で夏野菜を育てています。
行事
行事には、普段の生活の保育(課業)の積み重ねの上にある行事(プレーデーやお楽しみ会)、伝統的な季節の行事(七夕、十五夜、歳の神など)、また、保護者との連携を深める親子遠足、夏祭りなど様々なものがあります。どの行事も子どもの負担とならない内容を考えています。 乳児は安定した生活、遊びを大切にしているので、基本的に行事の参加は幼児組からとしています。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

給食

地産地消で会津の食品を主に使用。安全な食事から心と体の発育、マナーの大切さを学びます。東京では、流通の中心となっている為、産地は限定せずに、旬の食材を多く取り入れるようにしています。

~安全で安心な給食を~

添加物を使わず、昆布やかつおぶし、煮干しでだしをとり、薄味で素材のうまみを活かした献立になっています。また、昼食もおやつも手作りにしています。

会津では熱塩加納村産の有機栽培米、油は手作りの純正菜種油、味噌と醤油は地元のみそ屋から取り寄せ、野菜は国産のものを使い(特に会津産)、果物もなるべく国産のものを使用しています。

米は新潟県産の減農薬米を使用し、調味料は自然食品店から購入しています。国産有機ケチャップ、ソース、豆乳マヨ、みそ、酢、みりん、しょうゆ、洗双糖を使用しています。

旬の食材や、季節の野菜、果物類、海草、小魚類などできるだけ多くの食材を使い、栄養のバランスや盛り付けたときの色合い、見栄えなどを考えながら和食中心に献立を立てています。
おやつは軽食と考え、おにぎりや麺類、パンなども出しています。

毎月2週間のサイクルメニューで行っています。2週間が過ぎた時点で、保育教諭、給食担当合同の検討会議を開き、味付けや切り方、量などの話し合いを行っています。残りの2週間は改善された同じメニューで、より、子どもたちが食べやすい調理の工夫をしていきます。
こづゆやざくざく煮など地域の行事食なども取り入れています。